秋も終わり冬の 浅間隠山 を登山

 15, 2011 23:38
  • この記事にコメントする  0  コメント
  • 秋も終わり冬の浅間隠山を登山

    浅間隠山 (1,756m)
    秋も終わり冬の浅間隠山を登山
    吾妻側から見ると、浅間山 を隠してしまうところから名づけられた浅間隠山です。富士山に似た山容から「川浦富士」とか、山頂部が二峯に分かれているので「矢筈(やはず)山」といった別名もあります。
     標高1756.7メートルの山頂からは360度の展望が素晴らしく、浅間山はもちろん、北アルプス、上信越の山々、天気の良い日は富士山も見えます。
    浅間隠し山 登山口は、浅間隠温泉郷と二度上峠が主な登山口に成ります。



    浅間隠山 登山口から登頂
    案内板には、浅間隠山の山頂までのコース約90分2.1Kmと書いて有ります。

    木の葉も草も枯れ見通しがとても良いです。

    途中まで来るとジグザグコース
    急坂 強者ライン若者プロ級と木の幹に書いて有ります。

    至る所に案内が書いて有りますが、
    自然を楽しむ為にも必要ないかな。
    数字で連番の番号くらいなら頂上までの目安に成るかと思うのですが。

    この様な登山道がしばらく続きます。

    わらび平キャンプ場分岐点に到着です。

    浅間隠山 頂上が見えて来ました。
    もう少しです。

    浅間隠山(1756.7m)に到着です。

    頂上にはお宮が有ります。
    手を合わせて家内安全・・・・山の安全を祈ります。

    浅間隠山 頂上の方位盤で見える山と名前を確認する。

    浅間隠山 頂上 に有るルート案内
    二度上峠と浅間隠湯温泉どちらからでも登ってこられます。

    倉渕と須賀尾方面が解ります。

    本白根、横手山方面を望みます。
    360度のパノラマがとても綺麗でしばらくの間
    山頂で休みました。

    南アルプス方面をズームイン
    この日はかすかに富士山が見えました。
    かたちが明らかに富士山と解ります。

    二度上峠に向かって下山を開始。

    秋から冬にかけての時期は他に適当な場所もなく 浅間隠山 は穴場かも知れません。
    途中かなりの急斜面も有り帰り道登って来る人たちの苦しさが解ります。
    かなりの運動量に成りますのであまり軽くみない方が良いですね。
    頂上は風が強く寒いので防寒をして登った方が上でゆっくり休めますよ。
    この山は途中イノシシが出ることも有るようですのでガチンコしないように注意しましょう。

    関連記事

    COMMENT 0

    WHAT'S NEW?