芳ヶ平自然遊歩道コース紅葉ハイキング

 11, 2011 12:18
  • この記事にコメントする  0  コメント
  • 芳ヶ平自然遊歩道コース紅葉ハイキング
    ブログ友との珍道中紅葉狩り
    芳ヶ平湿原は、群馬県草津温泉の更に上、標高2000メートル級の草津白根山と横手山の狭間に位置する湿原で六合村に位置します。
    紅葉も終わり短い秋を楽しみながら気持ちの良い風を受けながらのトレッキングコースで有名な日産スカイラインという車名がついた芳ヶ平ヒュッテから見た山の稜線も見られます。
    紅葉にはまだ少し早い10月2日に行って来ました。

    下の国道から見える白根明神鳥居の処の一番高い岩の上でポーズをとってる人(国道を走る人たちからはきっと危ねえなー位に思われていると思います)
    よい子は決して真似しないで下さい。

    芳ヶ平遊歩道を入って行きます。
     

    定番の紅葉撮影スポット
     
     

    紅葉もだいぶ進んでおりますが来週の10月9~10日位が見頃でしょうか?
     

    岩の上に宿り付いた盆栽のようなナナカマドたち。
     

    遠方に芳ヶ平ヒュッテが見えてきました。
    冬スキーを履いて行った時の芳ヶ平、冬の芳ヶ平はとても厳しいです。



    白根山の裏側、冬の芳ヶ平とても厳しいです。


    芳ヶ平ヒュッテ
     

    芳ヶ平ヒュッテ入り口の橋
     

    芳ヶ平ヒュッテではランチや美味しいコーヒーが頂けます。
     

    芳ヶ平ヒュッテでは高山植物監視員がお出迎え。
     

    芳ヶ平湿原
     

    芳ヶ平湿原の木道(良く整備されています)
     

    芳ヶ平ヒュッテ裏側の紅葉
     

    行き帰りでいつもお出迎えの愛嬌のある岩
     

    帰り道は降りて来た分、登りが続きます。
     

    芳ヶ平遊歩道からの白根山裏側(木も生えてなく荒涼としてます)
     

    御巣鷹山の頂上の鳥居に向かって登って行きました。
     

    白根明神は、白根山を神格化して祀った神社で、かつては白根山の湯釜の中にありましたが、現在では御巣鷹山の頂上付近に祀られています。
    信仰の山として白根山の歴史は古く、12世紀ごろにはすでに霊場として修験が登山してました。
    これらの修験者で、湯釜の中に多くの笹塔婆が投げ入れられていました。
    草津白根山の隠れたパワースポットです。
     

    芳ヶ平にておむすびでランチを取りましたが
    小腹が空いたので草津白根山レストハウスにてお蕎麦を食べて西の河原露天風呂へ向かいました。

    西の河原露天風呂

    西の河原露天風呂・湯畑より徒歩15分
    緑の中で澄んだ空気を感じながら
    西の河原公園の奥にある草津一の大露天風呂。
    雑木林に囲まれた500平方メートルの岩風呂は、自然の懐に抱かれた安らぎが味わえます。
    営業案内
    【営業時間】7時~20時 (12月~4月28日までは9時~)
     (最終入館は19時30分)無休
    【料金】入浴大人500円・子供300円
    【駐車場】天狗山第1駐車場利用300台
    【問合せ先】0279-88-6167
    関連記事

    COMMENT 0

    WHAT'S NEW?