Googleに監視されてます。Googleから個人情報を守るための設定方法。

 21, 2012 22:01
  • この記事にコメントする  0  コメント

  • 斑尾高原スキー場のトイレ

    長野の斑尾高原スキー場のトイレの中です。
    スキーのジャンプ台からの写真を使ってデザインしましたが高いところが嫌いな方は落ち着かないかもです。
     
     


     
    本題:Googleから個人情報を守るための設定方法。
     
    Yahoo!でもGoogle、YouTubeでも無料でネット検索が出来たり動画を楽しんだり出来る広告収入で利益を得て成り立っているのもご存じだと思います。
    皆さんが興味を示している物、年齢、性別を判断してあなたに合った広告が表示されるわけです。
     
    個人情報は自分で守ろう!
     

    Googleのプライバシー・ポリシーが統合されたのはニュースでご存じだと思います。
    何故騒がれていると言うと年齢、性別、趣味を何処にも書き込まず秘密にしていても年齢を若くしていてもGoogleでは皆さんの年齢、性別、趣味がバレテいます。
     
     
    早速ためして下さい。
    あなたは、どのようにGoogleに見られてますか?
    年齢はドンピシャですか(笑)
     
    YouTubeやGoogleを利用している人はログインして下さい。
     
     
    左メニューにある「ウェブ上の広告」をクリック


    開いた画面を確認して下さい
    驚きの結果が出たでしょう。
     
    Googleが推定した皆さんの推定年齢と性別とカテゴリが出て来ます。
    利用頻度に寄って正確な年齢がはじき出されますので正確ですよ。
     
    このデータを使って利用者の趣味や好みに合わせた広告が出て来る仕掛けです。
     
    どうですか確認して下さい。
    かなり当たっているでしょ(笑)
    あなた事はすべてGoogleがお見通しです。
     
    今までは、Google 全体で 60 を超えるプライバシー ポリシーがありましたが、今回、2012 年 3 月 1 日より 1 つのポリシーに統一されましたので、もう逃げようが有りません1ヶ所ですべての統計を管理しますのでプライバシーが丸見えです。
     
    それでは肝心なGoogleから気休め程度の個人情報を守るための設定方法をお知らせします。
     
    下記のところでご自身の今までの検索履歴がすべて確認出来ます。
    逆にこれを利用すれば過去に検索した物を探すのも簡単にできます。
     
     

     
     
    1、ウェブ履歴を無効にする
     
    ウェブ履歴の便利な機能:
    アクセスしたコンテンツを記録して管理
    見たことのあるウェブサイトがどうしても見つからないようなときでも、ウェブ履歴なら、Google 検索、ウェブページ、画像、動画、ニュースなど、これまでに閲覧したウェブ コンテンツを検索で探せます。また、ウェブ履歴のアイテムはいつでも削除できます。
     
    関心に合わせて検索をカスタマイズ
    ウェブ履歴では Google で検索/閲覧した情報に基づいて、より関連性の高い検索結果をお届けします。はじめはその効果に気づかないかもしれませんが、ウェブ履歴を使い続けるうちに検索結果の関連度が高まるはずです。
     
    ウェブ アクティビティの傾向を追跡
    頻繁にアクセスするサイトや午前 10 時から午後 2 時までの検索回数など、ウェブ履歴では自分がウェブ上で求めている情報の傾向を確認できます。
     
    2、クッキーを削除する

    関連記事

    COMMENT 0

    WHAT'S NEW?