何度見ても心に残る映画
古い映画ですがこの映画のワンシーンは知っています。
 
 

 
ウエスト・サイド物語
ジェット団とシャーク団はニューヨークのウェスト・サイドに巣くう対立する不良少年のグループである。きっかけさえあれば今にも爆発しそうな空気のなかでのダンスパーティーそこで一目で愛し合うようになった二人
 
 
 
 

 
マイフェアレディ
イライザ(オードリー・ヘップバーン)は花売り娘だ。
うすら寒い三月の風の中で声をはりあげて売り歩く。
ある夜、ヒギンス博士(レックス・ハリソン)に言葉の訛りを指摘されてから、大きく人生が変った。
 

 
サウンド・オブ・ミュージック
志願修道女のマリア(ジュリー・アンドリュース)は歌が大好きだった。ある日彼女は院長の命令で、7人の子供がいる、やもめの退役海軍大佐トラップ(クリストファー・プラマー)家の家庭教師となった。
 
歌が良かった♪

 
卒業
サイモン&ガーファンクル
サウンドオブサイレンスの曲がとても良い
 

明日に向って撃て!
自転車乗って、雨にぬれてもの曲が流れるシーンはとても新鮮だった。
ポール・ニューマンとロバート・レッドフォードのコンビがとてもよかった。
写真のラストシーンが寂しい幕切れでした。
 
 
 

 
レインマン
チャーリー・バビット(トム・クルーズ)は、恋人スザンナ(ヴァレリア・ゴリノ)そしてレイモンド(ダスティン・ホフマン)レイモンドとチャーリーは、兄として弟として、それぞれの路を歩み始める

プラトーン
ベトナム戦争の最前線を舞台に、地獄のような戦場と兵士達の赤裸々な姿を描く。製作はアーノルド・コペルソン、エグゼクティヴ・プロデューサーはジョン・デイリーとデレク・ギブソン、監督・脚本は「ミッドナイト・エクスプレス」「イヤー・オブ・ザ・ドラゴン」の脚本を執筆したオリヴァー・ストーン、撮影はロバート・リチャードソン、音楽はジョルジュ・ドルリューが担当。出演はチャーリー・シーン、トム・ベレンジャーほか。
感動のあまり泣けた
 

ゴースト/ニューヨークの幻
サムの魂は天国へ行くことを拒否し、モリーを見守ることを選ぶが、彼女に声をかけることさえできない。
2人の愛情が。。ただただ涙があふれ出る。
 
 

 
ロッキー
凄絶な死闘の末、アポロ・リード(カール・ウェザーズ)を倒しヘビー級の新チャンピオンとなったロッキー・バルボア(シルベスター・スタローン)は、底辺から這い上がったヒーローとして大衆、マスコミ界から熱烈に歓迎された。それから3年、ロッキーは妻エイドリアン(タリア・シャイア)、ロッキー・ジュニア、義兄ポーリー(バート・ヤング)、トレーナーのミッキー(バージェス・メレディス)らの熱い声援を背に、勝利の道をひたすら走り続け、10度の防衛を記録した。

 
トップガン
マーベリック : トム・クルーズ
チャーリー : ケリー・マクギリス
サンディエゴの海軍航空隊基地を舞台に、世界最高のパイロットを養成するエリート学校と別名を“トップガン”と呼ばれる訓練生たちの姿を描く。
 
何度見ても良い
感動。
挿入歌のドッグ・オブ・ザ・ベイがとても良い
関連記事

COMMENT 0

WHAT'S NEW?