男体山登って翌日の東照宮観光

 27, 2013 20:21
  • この記事にコメントする  0  コメント
  • 9月23日
    奥日光男体山に登った翌日
    東照宮へお参りに寄ってきました。
    つい先日一つよけいに歳をとりました嬉しくない歳です。
    男体山登頂の筋肉痛が出て歩くのも車から降りるのもやっとの状態です。
    皆んなしてイタイイタイ階段を上るのもやっとと言いながら東照宮観光です。
     

     
    東照宮で最初に出迎えてくれる五重塔
     

     
    下神庫
     

     
    宮内に入って見ざる言わざる聞かざるのお猿さんがいる厩舎の灯篭
     

     
    神厩舎・三猿(しんきゅうしゃ・さんざる)の見ざる言わざる聞かざるの彫刻
     

     
    神厩舎・三猿の中をのぞくと神馬がいました。
    子供の頃白馬がいるのを見たことが有りましたが今でもいると思いませんでした。
    静かで身動きほとんどしなく最初は剥製かと思ったくらいですちょうど食事の時間でこの後、扉が閉まりました。
    昔見たままの白馬でした。
     

     
     陽明門をくぐり 御本社(ごほんしゃ)の唐門(からもん)
    改修工事も終わり綺麗になってました。
     

     
    三神庫(さんじんこ)金箔の神輿
     

     
    有名な眠り猫(ねむりねこ)
    左甚五郎が両目の開いた猫を一刀で眠り猫にしたと聞いてます。
    これをくぐり奥宮にに向かいます。
     

     
    奥宮(おくみや)
    拝殿・鋳抜門(いぬきもん)・御宝塔からなる御祭神のお墓所です。
    奥宮から階段を下りてくる時は筋肉痛でかなりみっともない格好で降りて来ました。
     

     
    東照宮の入り口でカッコウの笛を販売しているお爺さんを見上げたところでじっとしているにゃんこお爺さんに良く懐いています。
    私たちがそばに行っても逃げようとしません可愛いにゃんこ。
     

     
    東照宮武徳殿
     

     
    この後、東照宮入り口のきしので湯葉そばを食べました久しぶりに美味しい湯葉でした。
    昔は日光もみじ饅頭があっちこっちで売っていましたが今は見当たりません。
     
    今回筋肉痛で皆んなが変化格好で歩いていたところお猿さんみたいな歩き方と笑われました。
    その笑った人は歩けないと言ってリックを背負ってあげた人です一番疲れてなさそうに普通に歩いていました。
    思わず筋肉痛じゃないのと笑っちゃいました。
    筋肉がないから筋肉痛にならないみたいです。。。
     
     
     
     
     
     
    関連記事

    COMMENT 0

    WHAT'S NEW?