白馬八方池
カメラ α7Ⅱ Zeiss EF 16-35mm
どの写真も右下の虫眼鏡のマークをクリックする事によって1200ピクセルまで拡大出来ます。



21日、八方池山荘(白馬村営)の予約が取れたのでシルバーウィーク後半22日午後から白馬に向かう

7月16日に八方尾根に行ったとき早朝の黒菱から見た天の川と夜空に輝く星空の美しさにまたいつか見てみたい衝動にかられていました。

シルバーウィーク後半ですが上信越道渋滞の心配もなく予定より早く白馬に到着。



7月16日のような天の川は見えませんでしたが満点の星空にしばし魅了されます。



八方池山荘から見る白馬村
6時36分



時間も早いので数人の登山者が山荘前で朝日を見ながら寛いでます。



7時00分すたーと



朝日を浴びながら後ろを振り返る。
右手下が緩やかな木道コース
歩いてきた正面のコースが登山道コースです。
八方池山荘から第2ケルンまで続く登山道。
木道を過ぎてからは岩や土が露出し、やや険しいものの北アルプス登山を楽しみながら八方池、唐松岳までの時間も短縮出来ます。



眼下には、八方山荘
雨飾山、焼山、火打山、妙高山、乙妻山、高妻山、戸隠山、飯綱山、菅平高原の山々



正面には、不帰ノ剣(不帰 キレット)Ⅰ Ⅱ Ⅲ



八方ケルンで休む登山者

まもなく八方池に到着



美しい八方池の写真を撮りたく一眼レフと広角レンズ FE 16-35mmを持参
たっぷり時間を取って各方向から撮影を楽しむ。
シルバーウィーク後半なので人気の八方池も登山客少なく映り込む人も少ないです。



Facebookにはスマホで写した写真をそのまま実況でアップ
写真も評判良く

晴れさんから最初のコメント
サイコ〜!の絶景をありがとうございます*\(^o^)/*フルサイズにして水鏡にほれぼれしました〜。

友達Kさんさんからのコメント
綺麗な写真です。
カメラも腕も良いのでしょうね。

友達Yさんからのコメント
この写真は・・・どこぞのカレンダーの写真ですか? 今日の写真でしたら最高ですね。

友達Iさんからのコメント
あこがれの八方池!すごいです!キレイですね。

友達Hさんのコメント
美しい映像ですね(^^♪スマホの機種は何ですか?

yukoさんからのコメント
なんてきれい!本当にスマホなんですか?これだけ撮れたらカメラはいらない? 笑
いつか見たいですね!

確かに(笑)一眼レフよりスマホのほうが綺麗に撮れてました。
解像度は一眼レフが綺麗ですがリサイズしたらどのスマホで写した写真と一眼レフで写した写真の見分けが難しいほどです。



白馬八方池の神様



八方池に映し出される八方三山
八方池の紅葉ももう少ししたら見頃でしょう。
今でも十分な美しさです。



この日は天気にも恵まれて雲一つない空



風もなく波一つたたない八方池



どの方向から見ても素敵な白馬の山を映し出す八方池
この方向からだと不帰ノ剣(不帰 キレット)Ⅰ Ⅱ Ⅲが八方池に映し出されます。



八方池でしばらくの間過ごした後、唐松山岳に向かいます。
八方池に立つ人達も小さく見えないほどです。



色鮮やかなウェアーを来た登山客、紅葉と相まって綺麗です。



不帰ノ剣(不帰 キレット)Ⅰ Ⅱ Ⅲと鑓ヶ岳~杓子岳~白馬岳に向かう稜線



色づいた登山道を歩くカップル



この位置からも不帰ノ剣(不帰 キレット)Ⅰ Ⅱ Ⅲがよく見えます。
唐松岳はまだ見えません。



唐松山荘に向かって伸びる稜線。



ここだけでしょうか
やや注意を要する登山道



数羽の雷鳥がいます雷鳥をカメラに収める登山者
私は、16-35mmの広角レンズですので写した雷鳥が小さく成りすぎました。



唐松山荘が見えて来ました。
唐松山荘に向かって急いで歩く登山者



唐松岳と唐松山荘
シルバーウィークだと言うのに人気の唐松岳も、お休み後半なので静かです。
こんな静かな山が歩いていて気持ち良いです。



唐松山荘前でランチを取る登山者
山荘に入ってランチと飲み物を取りながら休息します。



唐松岳中腹から見る唐松山荘と五竜岳
五竜岳は山荘のすぐ近く手前に見える峰です。



唐松岳に向かう稜線
山頂に向かう登山者が小さく見えてます。




唐松岳山頂から眺める五竜岳と唐松山荘



唐松岳山頂で記念撮影
下の写真に写る2人の登山者に写して頂きました。



槍ヶ岳もすぐ側に見えてます。
今回も最高な天気に恵まれました。



唐松岳山頂より山頂の様子をFacebookにアップ



八方ケルンの前を通過して下山



14時18分とうちゃ~く
八方山荘売店まで下りて来ました。
店番の美味しい速とクリームを頂きます。

この後、モンベルカード割引の白馬温泉に浸かり疲れを癒やす。
同じ敷地内のレストランで何回目かのランチを食べて帰宅。

帰宅の上信越道は予想の通り混雑もなくスムーズに走行して戻ることが出来ました。


次27日は、絶景の木曽駒ヶ岳
紅葉で有名な千畳敷カール~木曽駒ヶ岳~馬の背~濃ヶ池~中岳~宝剣山荘へのロングコース

9月21日
yukoさんの子供(孫)達を連れて奧白根山に登りたいとLaylaさんからの集合連絡で丸沼高原からロープウェイを利用するコースで登って来ました。



標高 2,000m地点の岩の上で格好良く決めるGAKUくん



7時半始発のロープウェイは長い列でしたがほとんど待つこともなく乗り込むことが出来ました。



山頂に向かって出発前の記念撮影
(photo byやまとそばさん)



子供達は岩場も元気よく登って行きます。



こんな急登もへっちゃら



しばらく登ったところで休憩
Laylaさんは燧ヶ岳を探してカメラで良いところをパチリ!



目の前がいきなり開けて森林限界まで登って来ました。



森林限界にくるとガレ場の急登に成ります。



高度も上がり風も冷たくなって来たのでジャケットを着て山頂を目指します。



山頂は、登山客で賑わっています。
最後の急登です。



山頂直下から見える五色沼
2009年7月26日に日光白根山山頂から見た五色沼と五色沼を歩く人達を見て五色沼のあまりにも美しさに沼まで下りて行ったのを思い出しました。
まだ6年前のことですね。ずいぶんと前のような気がしました。



奧白根山の撮影スポットの岩の上に立つ登山者



奧白根山(日光白根山)山頂で全員揃って記念写真 はい!ち~ず。



奧白根山山頂でランチの準備をして始めていると
なんと!思いもよらなかったバースデーサプライズ!
思いがけないことに嬉しくて恥ずかしくてどうして良いか戸惑いも嬉しすぎて
奧白根山山頂でキャンドルローソクまで用意して頂いてバースデーケーキ
最高に嬉しかったです感謝!



ケーキを持って両脇に美しい花花花~!




この日もリーダーでお世話に成ったやまとそばさん



奥日光3人娘も岩の上で格好良く決めてます!
naoさん高いところが少し苦手だったでしょうか。



ランチを取って楽しんだ後は下山開始です。



子供達は急な岩場も怖がらず元気よく下ります。





ゴールが見えたところで子供達が元気よく走り出しました。
私も負けずとトップを取るぞ~!かけ声とともに本気で駆け出します。



子供達と本気の勝負! トップを狙え!



鹿よけのフェンスを開けているうちにHANAちゃん抜かれ、あっけなくYUIちゃんGAKUくんにも抜かれてしまいました。
トップを取った3人の得意そうな表情。



大人達も続々と戻って来ました。



奥白根山(日光白根山)も雲が取れて山頂がお疲れさまと綺麗に顔を出してました。



下山後の記念撮影
GAKUくんの得意そうな表情一回り大きくなりました。



今回も、みなさんとご一緒させて頂いて、本当に楽しい一日を過ごせました。
思いがけないバースデーサプライズ有り難うございました感謝!
大変お世話になりました。


次は、
22、23日:満天の星と八方池が綺麗な八方尾根・唐松岳
27日:紅葉で有名な千畳敷カール~木曽駒ヶ岳~馬の背~濃ヶ池~中岳~宝剣山荘へのロングコース
9月13日(日)
当初、白根隠山へやまとそばさん、Laylaさんと私の3人で登る予定でしたが
栃木・茨城など記録的大雨と当日の天気も優れないと言う事で前日中止の連絡が有りましたので13日(日)に出かけるところを天気で確認
栃木、群馬、長野、新潟の4県の天気を確認したところほとんどの場所が雨の予報
尾瀬だけがスポット的に曇り一時晴れの予報が出ていたのでアヤメ平から尾瀬ヶ原を一週する事にしました。

すたーと7時20分



鳩待峠からスタート
7時20分
尾瀬と言うと混んでいるイメージが有りますが水芭蕉や日光キスゲ、5月の残雪の至仏山を省くと人もまばらで静かな尾瀬に成りますその時期を外すとほとんど人の居ない静かな尾瀬です。
私は静かに成った尾瀬をゆっくり歩くのが好きです。



初めは森の中に入って行きます。ここを抜けるとすぐに樹林帯の木道にでます。



赤く実ったナナカマドの実



横田代に出て来ました富士見峠まで3.3km地点、鳩待ち峠から3.0km地点



一度正面の森を抜けます。



鳩待峠から4.1km地点



アヤメ平ササの森の中に有る中原山(標高:1,968m)



この木道を進むと燧ヶ岳が見えます。



アヤメ平湿原の先に見える燧ヶ岳



木道の先に見える燧ヶ岳



燧ヶ岳もすぐ側に見えるように成って来ました。
燧ヶ岳は見る方向で表情が変わります。



アヤメ平休憩場 標高:1,969m



燧ヶ岳が左側に見えるように成って来ました。



富士見峠まで出て来ました。
富士見下の無料駐車場から富士見小屋まで続く砂利道の車道を永遠と2時間30分(6.3km)歩いてここまで来てアヤメ平に入る人もいます。
尾瀬戸倉の駐車料金1,000円と鳩待峠までの往復バス代1,840円を節約したい方は良いかも知れません。
但し車道歩き5時間を除いた時間だけが尾瀬を楽しむ時間です。



富士見小屋
ここから、尾瀬ヶ原まで長沢新道を下りると1時間30分ほどで、竜宮十字路
八木沢新道を下ると2時間30分ほどで見晴そして尾瀬沼
富士見小屋脇に入るとすぐにアヤメ平が広がります。



燧ヶ岳撮影スポットから燧ヶ岳を眺めながら尾瀬ヶ原へ下ります。



富士見小屋から長沢新道を下りると1時間30分で、尾瀬ヶ原の竜宮十字路
登山道は整備され歩きやすいです。



今年の大雪で壊れ流された橋も綺麗に立替られていました。



アヤメ平から下りおりると一面開けた場所に出ます尾瀬ヶ原です正面が竜宮十字路



竜宮小屋手前に出て来ます。



竜宮小屋近くまで来ると尾瀬を楽しむ人達に出会うように成ります。



木道脇で休息するハイカー



ツアーの方々、竜宮の出口を案内してました。



至仏山に向かって歩きます。
静かです真っ直ぐ伸びた木道を歩く人が見えません。



ヒツジグサ



池塘に浮かぶ浮島



尾瀬ヶ原も紅葉が綺麗になって来ました。



木道脇に生える風で曲がった白樺の木
水芭蕉の時期あれほど賑やかだった尾瀬ヶ原も人影なく静かです。
今回尾瀬ヶ原に入って気が付いた事が有ります。
なんと携帯の電波が通じるように成っていました。
今まで携帯の電波は圏外でしたが簡単な服装で入って怪我をするハイカーも多く救助が素早く出来るようにでしょう。



水芭蕉群生地のスポット



エゾリンドウが見頃を向かえてました。



水芭蕉群生地で有名な下ノ大堀から見る至仏山
水芭蕉ビュースポットで有名な下ノ大堀も水芭蕉がなくなるとこんな感じです。



下ノ大堀からの水芭蕉(6月初め)雪解け水で湿原の水も多く水芭蕉の脇を川のように水が流れています。



池塘脇の木道を至仏山に向かって歩きます。



逆さ燧ヶ岳撮影スポットから見る燧ヶ岳



山の鼻に向かって真っ直ぐ伸びた木道を歩きます。
人影もなく静かな尾瀬を満喫してます。



ヒツジグサの花が咲き始めました。
もうすぐ池塘にはヒツジクサの白い花が咲き乱れるでしょう。



冬に向かってミツバチも蜜集めに大忙し。
ミヤマアキノキリンソウ





山の鼻近くまで来ると何人かのグループに出会うようになりました挨拶しながら通りすぎる。



山の鼻、しばし休息



マユミの赤い実を見ると
マユミ カム・バック・トゥ・ミーなんて歌詞が出て来るけど知らないね。
一人見る夢は素晴らしいキミの、その踊る姿♪マユミではなくヘドバとダビデ「ナオミの夢」でした。



川上川橋



鳩待峠に向かって伸びる木道



この時間に尾瀬ヶ原に入って来る人がいます山小屋に泊まりでしょうか。



ミズナラの門です鳩待峠もすぐです。



鳩待峠に出て来ました。



ふぃにっしゅ12時30分
鳩待峠無料休憩所
バスを待つ人達も少なく静かな尾瀬なのが待つ人からも想像出来ると思います。

白根隠山中止で
静かな尾瀬ヶ原を満喫して来ました。
毎日会社で賑やかにしているので休日は静かに過ごすのが好きです。

この後は、尾瀬ぷらり館・日帰り温泉「戸倉の湯」にのんびりと浸かって帰宅
戸倉の湯:アルカリ性の単純泉のヌルヌル感の有る一度入ると次も入りたく成る温泉


次は、
21日:皆で登る奧白根山(日光白根山)
22、23日:満天の星と八方池が綺麗な八方尾根・唐松岳
27日:紅葉で有名な千畳敷カール~木曽駒ヶ岳~馬の背~濃ヶ池~中岳~宝剣山荘へのロングコース

WHAT'S NEW?