7月26日(日)
コース:八方尾根~八方山荘~八方池~唐松岳頂上山荘~唐松岳
この日も早朝出発して北アルプス(八方尾根)唐松岳に登って来ました。
前日、ナビの到着までの時間を確認したところ3時間30分後と表示されていましたので早めの出発。

今回も車は、ワーゲン♪ごきげん。のGolf7
小さいですけど楽なんです。
レーダークルーズコンピューター(ACC)をONにするとアクセル操作やブレーキ操作はもちろんハンドル操作まで車任せ高速道路のカーブも道路状況を常にレーダースキャン。ハンドルも自動で切ってくれますのでハンドルを持って操作している振りドライバーがハンドルを軽くアシストする感覚。
両手を離しているとブザーとメッセージでハンドルを持って下さいと表示され
Golf7は、ごきげんわるくなります。

白馬八方尾根登山口まで休憩を2回取りながら2時間30分で到着予定より早く到着しました。


※今回も写真は1200ピクセルまで拡大出来ます(右下の虫眼鏡のマークで拡大)



早めに到着したので十分時間を掛けて準備し7時11分八方尾根に向かってスタート



東側には、雨飾山、焼山、火打山、妙高山、乙妻山、高妻山、戸隠山、飯綱山、菅平高原の山々が見えてます。



八方尾根を八方池に向かって歩き始めます。



眼下には、八方山荘
雨飾山、焼山、火打山、妙高山、乙妻山、高妻山、戸隠山、飯綱山、菅平高原の山々



白馬三山(白馬岳、杓子岳、白馬鑓ヶ岳)



八方山ケルンに到着





立ち止まるごとに後ろを振り向いて雨飾山、焼山、火打山、妙高山、乙妻山、高妻山、戸隠山、飯綱山、菅平高原を山座同定



女性は不思議とソロが多いです。
夏休みに入った事も有り子供を連れた若いお母さん連れも多いです。
旦那さん仕事でお母さん子供2人の手を引っ張っての登山でしょうか。



登山道最初に姿を現した建物綺麗なトイレです。



薄色のハクサンシャジン



お花もたくさん咲いて種類も多くとても撮りきれません。



息(ヤスム)ケルン



ウメハタザオ



ヨツバシオガマ



八方ケルンに到着



手前に咲いている花がオヤマソバ



八方ケルン前で休む登山者達



イブキジャコウソウ



八方池あたりまでは、シモツケソウが良く咲いてました。



天狗の頭 白馬槍ヶ岳 杓子岳 白馬岳の峰々



帰ノ嶮Ⅰ、不帰ノ嶮Ⅱ、不帰ノ嶮Ⅲ、これから登る唐松岳も僅かに見えます。



八方池が見えて来ました。



八方池に下りる木道



八方池の上に建つ第3ケルン



八方池を見下ろしながらしばしの休息





マツムシソウ



濃い色のハクサンシャジン



タテヤマウツボグサが群生してました。



シロバナニガナ



イワシモツケ



ニッコウキスゲ



八方池もかなり下の方に見えるように成ってきました。
雨飾山、焼山、火打山、妙高山、乙妻山、高妻山、戸隠山、飯綱山、菅平高原の山々が見えてます



ハクサンタイゲキ



雪渓



ミヤマキンポウゲ



扇雪渓
雪渓の前で涼しく休んでいる登山者



雪渓を渡りきるアイゼンは必要なし。



チングルマ



チングルマお花畑ロード



丸山ケルン前で展望を楽しむ登山者



丸山ケルンに到着



正面に見えるのが不帰ノ嶮Ⅰ、不帰ノ嶮Ⅱ、不帰ノ嶮Ⅲ



焼山~火打山~妙高山~高妻山~戸隠山が見えてます。



ハクサンシャクナゲ今が見頃です。



正面に見る不帰キレット右から不帰ノ嶮Ⅱ、不帰ノ嶮Ⅲ、一番高く見える左側山の奥が唐松岳



もう少しで唐松岳頂上山荘です。



ここを抜けるとすぐに唐松岳頂上山荘です。



唐松岳頂上山荘が見えて来ました。



唐松岳頂上山荘前で展望を楽しむ登山者



唐松岳頂上山荘前で休憩する登山者
山荘でランチを注文している登山者もいました。



唐松岳に向かって伸びる稜線
もうすぐ唐松岳山頂です。
唐松岳山頂でゆっくり休息を取ってから唐松岳に向かいます。



唐松岳山頂 標高2,696m
360°の展望と直ぐ近くにはアルプスの山々体感標高は3,000mくらいに感じます。



夏休みに入った事も有り子供連れも見受けられました。
頑張った子供達を誉めながら讃えました。



唐松岳山頂から見る唐松岳頂上山荘



唐松岳頂上山荘をズームアップするとまるで標高2,280mの頂上にある
空中都市マチュピチュのようです。



松岳山頂と五竜岳



雪渓



しばらくの間、唐松岳山頂からの展望を楽しみ休息しました。
松岳山頂と五竜岳を望む



唐松岳山頂から下山開始



唐松岳山頂か唐松岳頂上山荘に向かって下山開始。



唐松岳頂上山荘



斜面一帯は高山植物の女王コマクサが咲き乱れていました。



キバナノカワラマツバ



ウサギギク



ミヤマアキノキリンソウ



イワギキョウ



タカネヤハズハハコ



チングルマの果穂が風に揺れる
花を楽しんでいるとなかなか前に進みません。



第三ケルンに向かって下りて行きます。



第3ケルン前で休憩する登山者達



雪渓を下ります。



雪渓を下ると言うよりストックを付ながら滑っている感じで下る。



扇雪渓を眺めながら涼しく休息



だいぶ下って来たので八方池の畔でしばらくの間、池を眺めながら休息します。



八方池



八方池







八方池の木道を上がって行きます。



クガイソウ



八方山荘が見えて来ました。



八方ケルンまで下りて来ました。



八方ケルンも笑っているように見えます。



息ケルンまで下りて来ましたもうすぐです。



眼下には白馬の街並み



らいちょう(雷鳥)がいましたが見とれてカメラを構える前に飛んで行ってしまいました。



八方池山荘が見えて来ました。



長野オリンピック1998年スキー場リフト



15時5分
下山しました汗をかいたので白馬八方温泉に直行~!







活動時期
2015/07/26(日) 07:11~15:08
7月19日(日)
やまとそばさんの案内で高原山~桜沢の滝巡りに行って来ました。
メンバーは、yukoさんご家族、Laylaさん、やまとそばさん、トレッキング

詳細は、やまとそばさんyukoさんLaylaさんが早くにブログアップしてますのでそちらの方のレポを見て下さい。







子供達は元気よく山を下ってます。
大人達は負けそう。





雷霆の滝とうちゃ~く!





雷霆の滝を写すyukoさん



photo by やまとそばさん







ポーズを決めるyukoさん



子供達は元気ですジャ~ンプ!



Laylaさんもぱっちり決めてます。









咆哮の滝



するすると咆哮の滝に登って説明するやまとそばさん





3人の子供達は元気に水遊び。



子供達を写しているといつの間にか咆哮の滝に登り初めているLaylaさん







Laylaさん決めのポーズ4連発!決まってるね。



リクエストに応えて足を上げてのポーズ!格好い~い。



こんなにも高い滝の上です。



咆哮霹靂の滝で充分遊んだ後は、再び雷霆の滝に戻ります。



沢登りの親子連れがやって来ました。





手慣れた感じでお父さんが子供をリードします良いですね。



最後はやまの駅に向かってゴールを奪えの合図とともに走り出しました。
私はすぐに歩き出し撮影。



ゴールを奪った2人がやまの駅で待ちわびていました。

この後は、やまの駅で美味しいソフトクリームを食べましたて道の駅やいたで解散
お世話になりました。







7月12日
快晴の木曽駒ヶ岳、久しぶりの梅雨の晴れ間も有って駒ヶ岳に登る登山者が多く登山道もやや混雑してました。
木曽駒ヶ岳はロープウェイを利用すると標高差は少ないですけれどもガレ場歩きと宝剣岳~中岳~駒ヶ岳とピークを越える度にいったん下がるのでアップダウンが多く楽しめる山でした。 
中央アルプス最高峰、標高2,956mの木曽駒ヶ岳
山頂から360°のパノラマは素晴らしく山頂も広いのでランチをしたりのんびりと休息を取るのにも良いです。


この日、8時に千畳敷カールを歩き始めましたがいつもより足取りが重く乗越浄土直下まで1時間ほど登ったところで高山病の症状らしく体調が優れないのでいったん下山することにする。
この日も寝るのが遅く睡眠時間2時間で早朝から車の運転して長野県駒ヶ根市まで来た事も有り疲れが出たのかも知れません。
以前あった高山病の症状なので同じ高度で休んでいても治らないのでスタート地点に戻ることにする。
高度が下がるに従って体調も良くなって来ました。

いったんスタート地点まで下山して体調を整えてから9時30分に再スタート

※写真は1200ピクセルまで拡大出来ます(写真右下の虫眼鏡マークで拡大表示)



雲海とアルプスの山々も手に取るように見えてます。



千畳敷カールに向かって再度同じコースを上り始めます。



登山口の駒ヶ岳神社に安全のお参りをしてから登山開始



神社前に咲いていたシナノキンバイ



千畳敷カールに入って行きます。



後ろを振り向くと雲海の先にアルプスの山々



正面に向かって登り始めます。
千畳敷カールのお花畑チングルマの群生も、この雪が溶けてからの開花



子供達も元気に登ってます。



若いお父さんお母さんは疲れて子供達は元気いっぱいです。



雲海の先に富士山が頭を出していました。



岩肌が見えてダイナミックですがさほど歩きにくくは有りません。



後ろを振り向いて登って来た方を確認する。



かなり登って来ました。



乗鞍浄土 2,950mに到着



高山病みたいだとここで休んでいる人が数人いました。



馬の背分岐に向かう稜線



中岳の山頂



中岳の山頂の岩の上に立ち上がっている人が見えます。



中岳に向かって伸びる稜線
駒ヶ岳に向かうには中岳のピークからいったん下ります。



宝剣山荘



宝剣岳ー中岳・駒ヶ岳分岐





イワツメクサ



中岳 2,925mに到着



ここから駒ヶ岳に向かいます。



正面に見えるピークが駒ヶ岳です。

赤い屋根が天狗荘



後ろを振り返り歩いて来たところを確認する。



登山道に咲いていたイワツメクサ



ヨツバシオガマ



標高の高いところに咲くチングルマ



中岳から駒ヶ岳に下る途中のピーク
ここで休んでいるのかここで終了なのか何人かの方が展望を楽しんでいました。



駒ヶ岳に行くには中岳のピークからいったん下山しなくては成りません。
とりあえず下を見下ろす。



こう見ると駒ヶ岳はまだまだ先です。
水色の屋根が頂上山荘



下りきりました山小屋の人が腰に手ぬぐいで身軽に歩いてます。



ミヤマキンバイ



後ろを振り返り下って来た中岳を確認する。





駒ヶ岳山頂
中央アルプス最高峰、標高2,956m



駒ヶ岳三角地点にタッチ!



山頂で記念撮影。





駒ヶ岳山頂で展望を楽しんでいる登山者



木曾駒ヶ岳 標高2,956m





駒ヶ岳山頂神社





木曾駒ヶ岳、広々とした山頂



ミヤマキンバイ



木曾小屋



ランチを取り十分休息した後に下山開始します。



足元に咲く高山植物を楽しみながらの下山



ヨツバシオガマ





ハクサンイチゲ



高山に咲くコイワカガミ



ハクサンイチゲ











乗鞍浄土から千畳敷カールに向かって下山開始





剣ヶ池コース経由で下山



ウラジロナナカマド


 09:28再スタート~下山14:32





7月1日(水)
尾瀬、至仏山の山開き
平日でしたので午後の仕事が始まる1時に会社に戻る予定でちょこっと山開きの至仏山に登って来ました。

7時21分スタート11時33分終了

神主さんが来て山開きの準備中
脇を抜けて至仏山登山道に入って行きます。















まだたくさん残る残雪

















小至仏山山頂









正面に見えるのが小至仏山、至仏山はその先で見えません。













至仏山山開き山頂には誰もいなく静かな至仏山山頂でした。



小至仏山に向かってエッサエッサと下ります。



11時33分下山
会社に戻ります。



6月28日(日)
この日は、北関東及び信越、東北とも天気は下り坂の雨模様
唯一東京方面のみ晴れマークと言う事で初めての高尾山に出かけて来ました。

初めての高尾山、稲荷山コースから山頂に登って富士山が見えました。
下山は、一号路(表参道コース)を高尾山薬王院、浄心門、高尾山駅、山上駅を経由して下山しました。
一号路(表参道コース)は舗装された歩きやすいコースです。
稲荷山コースは、一番きついコースですが、途中あずま屋のある展望台からの見晴しを楽しめました。

高尾山口駅駐車場に到着したのが7時頃、高尾山麓駐車場は満車でしたのでその奥の神社の駐車場に車を止める。



高尾山ビアマウント、リフト乗り場



登るコースが何通りか有る中で1番距離が有りそうな稲荷山コースからのスタート



いきなり登り初めての場所なので地図を確認しながら登り始める。



稲荷山コースの由来の稲荷



展望台の休憩所に到着しました。



展望台からの眺め







稲荷山コース( 見晴らし尾根コース )」ご案内



高尾山山頂より
写真はスマホとカメラを使っていましたのでサイズが不揃いです。



東京からは富士山がこんなに大きく見る事が出来るんですね。



時間もたっぷり有るので高尾山山頂でのんびりしと休憩してました。





富士山をズームアップ



明治の森高尾国定公園案内版





高尾山山頂を散策していたところ森の奥に古びた家が見えたので下って見に行く。



古びた家の前を通り上に向かって歩いて行くとお土産屋さんに出て来ました。



高尾山山頂やまびこ茶屋



薬王院に下る途中に有る神社





またしても神社



奧には二つ神社が有ります。



高尾山はアジサイが見頃でした。









薬王院に出て来ました。



ホラ貝の音とともにお坊さんが出て来ました。

















薬王院を後にします。



北原白秋さんの詩がところどころに刻んで有りました。





下山道はところ何処に遊ぶところが有ります。















高尾山身近な場所ですが楽しめる山でした。


6月20日(土)
メンバー:やまとそばさん、Laylaさん、晴れさんご夫妻、トレッキング
コース:道の駅やいた-尚仁沢駐車場-(尚仁沢)-(コアジサイ群生地)-学校平(お昼)-スッカン沢駐車場-(スッカン沢)-(シモツケ群生地)-(県民の森)-道の駅やいた

道の駅やいたに集合し、尚仁沢の駐車場からスタートです。
Photoやまとそばさん


尚仁沢に向かって歩き始めます。



新緑の尚仁沢













ヤマブキショウマ





Laylaさん決まってますね!



Laylaさんいわく○△の丸焼きだそうです。
決まってます!









尚仁沢湧水で記念撮影
Laylaさん三脚に備えたカメラで撮影この日のメンバー





コアジサイ群生地に移動
Laylaさん撮影姿決まってます。



晴夫さんも本気です。



スッカン沢入り口にて
Photoやまとそばさん



スッカン沢
手持ち撮影でスローシャッターもこれで限界



晴れさんも岩の上に登って真剣です。



晴夫さんは三脚構えて20秒のスローシャッターで撮影








この時は滝の雫がかなり多いなと思っていたら雨が大粒で降って来てましたカメラのレンズが濡れて写真がぼやけてました。






この後、シモツケ群生地に移動



今回も、やまとそばさんの案内で高原山~尚仁沢~スッカン沢を楽しんで来ました。






2015年6月14日(土)
いつものメンバーでミズバショウ咲き残る尾瀬沼を一回りして来ました。
参加者:やまとそばさん、yukoさん、Laylaさん、トレッキング
この日宿
泊先を出発したときは曇り空そのうち晴れるだろうと思いながら御池に向かいました。
御池に近づくにつれ雨足も強くなり今日はどうなるのかせっかく集合するので中止は無いと思い急ぎました。
集合時間には早すぎる5時半には到着。
駐車場に着いてレインウェアーに着替える。
こんな機会でもないと御池から尾瀬に入る事はないので楽しみです。



沼山峠休憩所も雨足も強く人もまだまばらです。



ムラサキヤシオもちょうど見頃です。



8時20分
尾瀬沼に向かって歩き始めます。
撮影:やまとそばさん



木道も整備され歩きやすい。



大江湿原までは雨がぱらついて傘を差して歩きました。



尾瀬に咲く草花を楽しみながらゆっくり歩いて行きます。



Laylaさんも颯爽と歩いています格好いいですね!



タテヤマリンドウも雨に濡れつぼみのままで目立たない状態です。



尾瀬沼に近づいて来ました。



この頃になると雨も止み始め傘を差さず歩けます。



5月に宿泊した尾瀬沼ヒュッテ前の望遠鏡で燧ヶ岳山頂を見るyukoさん。



燧ヶ岳と尾瀬沼、手前にはミズバショウ咲く。



尾瀬沼に写った燧ヶ岳を前にカメラを構えるやまとそばさん。



コヨウラクツツジの花



イワナシの花



尾瀬沼南岸いったいがムラサキヤシオが満開に咲いて見頃でした。



尾瀬沼南岸を歩き終えて沼尻手前でyukoさんLaylaさんハイ、ポーズ!



やまとそばさんも入ってハイ、ポーズ!



やまとそばさん撮影Photo



沼尻でやまとそばさん撮影Photo





有名な尾瀬沼 三本カラマツ



残雪の燧ヶ岳に登った時にも雪の重さで壊れた橋
右側に修復された橋が渡されていました。



大江湿原まで来ると人も多くなりバックに意図しない人が写り込んでしまいます。



そういうわけで必要ない人は消す!



Laylaさんせっかくの良いポーズがバックに必要ない人が入り込みました。



と言うわけで必要ない人は消す!



朝のうちは咲いてなかった花も咲き始めました。
ショウジョウバカマ(猩々袴)



日差しもあたりタテヤマリンドウも満開状態に咲き乱れていました。





沼山峠に元気よく着地のyukoさん。



つづいてLaylaさんも元気よく着地。



この日は、朝方の大粒の雨の心配も有りましたが尾瀬沼に到着する頃には雨も上がり会津から入山の尾瀬沼を楽しんで来ました。
皆さんありがとうございました。



フル画面で開きます



WHAT'S NEW?