6月7日(日)
尾瀬ヶ原を一周して来ました。
この日の朝は寒く6月だと言うのにマイナス気温です。
1年ぶりにK子さん(奥さんの事を普段から○さんと読んでます。)と一緒に尾瀬ヶ原を歩いて来ました。

6時30分


6月に成ると静かな尾瀬に成ります。
鳩待峠この時間ほとんど人が居ません。



鳩待峠で案内の人が今日は木道に霜が降りて滑り安いので注意して下さい。
昨日は負傷者4人でヘリで運ばれました。
案内を聞いたK子さんは鳩待峠の石段から始まるところからもかなり慎重に降ります。




後ろを振り向きながらゆっくり下って行きます。
木道が始まって間もなく後ろを振り向くと同時ぐらいにドン!K子さん尻餅
その後は転びそうになった時バックパックを後ろから掴んで転倒静止にとピッタリ後ろにくっついてゆっくり歩いていたところ後ろが詰まって来たので、どうぞどうぞ~お先にどうぞ~と木道を譲り後からゆっくり進みました。



花も終わり葉っぱが目立って来たミズバショウ。




桜は今が見頃です。







川上川に沿って木道を歩く



川上川橋



山の鼻
静かな尾瀬です人がほとんど居ません。




至仏山登山口に向かう植物研究見本園を少し歩きます。





尾瀬ヶ原、牛首に向かいます。



正面にそびえ立っているのが燧ヶ岳



逆さ燧ヶ岳も綺麗に写ってます。



逆さ燧ヶ岳スポット



牛首分岐はまだ先です。



後ろを振り向けば至仏山





牛首の森





牛首分岐





尾瀬ヶ原の春はまだ先です。
木々の新芽が顔を出してきたばかりです。





ミズバショウスポット正面には至仏山
ミズバショウも咲き終わりました。





少し前まで賑やかだったスポットも人が誰もいないので記念撮影



いつもと同じワンパターンなポーズでした。






見晴らしに向かいます。



竜宮の出口



竜宮の入り口
水が渦になって吸い込まれて行きます。







竜宮小屋



沼尻川
ここから福島県(東北地方)に入ります。



尾瀬ヶ原はどこも桜が満開で見頃です。



ワタスゲはまだ固いつぼみの中





見晴らし



見晴らし分岐から尾瀬沼に向かう人達。



温泉小屋方面に向かいます。
K子さんも私より先に歩いて楽しんです。





この辺りではミズバショウが少し咲いていました。





この辺りで休憩している人は福島側の燧裏林道を歩いて来た人達です。



三条の滝・温泉小屋、東電小屋への分岐



只見川(平滑ノ滝を流れ三条の滝にそそいでから新潟に流れる川)
ここから新潟(中部地方)







東電小屋



いつもは7月初めに咲く東電小屋の桜も満開です。
今年は、花が咲くのが早いです。





ヨッピ吊り橋に向かいます。





ヨッピ吊り橋



ここでランチを取りながらゆっくり休憩しました。



尾瀬ヶ原一番の浮島スポット
正面には、燧ヶ岳









今回のコースタイムはGPSの地図にて正確に確認出来ます。
活動時間6:26
活動距離20.43km
高低差239m





5月31日(日)午後の部
尾瀬の水芭蕉(ミズバショウ)を見た後、奥日光へ毎年楽しみにしているクリンソウを見に行きました。
奥日光は快晴なトレッキング日和です。

活動時期:2015/05/31(日) 12:15~16:40
活動時間4:25
活動距離25.90km
高低差203m

赤沼車庫からスタートです。
12時15分
尾瀬ヶ原を歩いてから赤沼車庫には11時20分には到着してましたので支度を調えながらバスの出発時間を待ちました。





GPSで測定、正確な通過時間が確認出来ます。



千手ヶ浜と男体山



良く晴れて奥日光トレッキング期待出来そうです。






綺麗になった仙人庵






写したクリンソウを戻ってから確認したところ何とも夜に写したような写真に何でだろう?と確認したところ・・・老眼のなせる技!?絞りをF4.0にしたのを間違えてF40まで絞り込んでましたシャッター速度は1/400 F4.0でしたら良かったのにF40でした。
※今度は必ず老眼鏡を持参しましょう。

あれま!こんな写真が何枚も有りました。



F40まで絞り込んでしまったクリンソウ写真シャッター速度は1/200(F4.0開放にしたかったのです)



F40まで絞り込んでしまったクリンソウ写真シャッター速度は1/400(F4.0開放にしたかったのです)

































奥日光の好きなコース
千手の森
静かなコースです。





















西ノ湖



このコースは秋も綺麗です。



隠れ滝入り口



西ノ湖入り口バス停



小田代ヶ原の貴婦人



小田代ヶ原の綺麗になった木道









湯滝・湯元--赤沼・竜頭の滝への分岐



青木橋


















湯川



男体山とズミの花




今回、
午前中は尾瀬ヶ原のミズバショウ
午後は奥日光のクリンソウと1日で2日分楽しんで来ました。




5月31日(日)
残雪がようやく消えて、尾瀬の水芭蕉(ミズバショウ)の季節になりました。
この日は、鳩待峠に着いた頃から小雨が降り始めました。
この時期の尾瀬ヶ原は雨が良く降るので気にならず気持ち良く歩けました。
山の鼻に戻る頃には雨も止み晴れ間が見えて来ました。
晴れていれば尾瀬の短いシーズンの幕開けにふさわしい純白姿のミズバショウが至仏山や燧ヶ岳をバックに映えます。
同じ頃に咲くリュウキンカの黄色い花も色を添え楽しませてくれました。

活動時間:06:30~10:01 3時間31分
活動距離15.93km
高低差222m








木道上は除雪されてますので安心して歩けますが滑りやすいので注意が必要です。



歩き始めてすぐに表れるミズバショウ群生地









山の鼻



山の鼻山荘



ここから初めて尾瀬ヶ原に入って行く気持ちになります。



晴れていれば正面に燧ヶ岳を見ながら歩きます。



牛首
東電小屋と竜宮小屋・尾瀬ヶ原見晴十字路地区方面の分岐







尾瀬のミズバショウ群生スポットに到着



尾瀬ヶ原ミズバショウ人気スポット下ノ大堀川周辺
どの場所から尾瀬に入山しても一番のミズバショウスポット下ノ大堀川スポットに入山者は集まります。



しばらく動画や写真を写しましたが雨空のため至仏山は顔を出しませんでした。




竜宮小屋に向かいます。



この時期しか見る事が出来ない竜宮の入り口
大きな渦を巻きながら尾瀬の水が吸い込まれて行くスポット
称して竜宮の入り口



竜宮の入り口から吸い込まれた水がわき出て来る竜宮の出口



リュウキンカの黄色い花
たくさんの草花が咲いてましたが雨の為、カメラを構える事がほとんど有りませんでした。



アヤメ平に向かう人やアヤメ平から尾瀬ヶ原に下りて来る人達



竜宮十字路
ヨッピ吊り橋・東電小屋--竜宮小屋・見晴四つ角--アヤメ平--牛首・山の鼻



正面に見えるのが竜宮小屋



竜宮小屋



竜宮小屋で少し休憩した後、山の鼻に戻ります。



山の鼻



川上橋



川上川





ブナの門が見えたので鳩待峠はすぐそこです。



鳩待峠
これから入山する人達もいます。
10時01分



鳩待山荘で花豆ソフトを食べた後、乗り合いタクシーで尾瀬戸倉に戻る。







WHAT'S NEW?