11月23日(祭日)
自転車で観音山までサイクリング
 
今回のサイクリングは、
17日の軽井沢サイクリング自宅から碓氷峠・めがね橋~旧三笠ホテル~レイクニュータウンを通り
中軽井沢経由で走行して来たときにサドルが私のプリティな、か弱いお尻に合わず途中ロードバイクを押して帰って来たくなるくらい痛くなりサドルにお尻をつかないようにペダルを漕いで帰って来ましたが翌日になっても違和感がありましたのでサドルを取り替えてマッチング状態を確認するための観音山サイクリングでも有りました。
 
下の写真は17日の軽井沢サイクリングの時の旧三笠ホテル
この日はこの前にあります三笠茶屋くんぺいでランチ
寒かったのもあり暖かいお蕎麦を頂きました。
食べ始めてから気がついたのでお蕎麦の写真写してないです。
三笠茶屋くんぺいの女将さんに自転車寒くないですかと声を掛けられましたが自転車を漕いでいるときは寒くないですと会話しお店を後にしました。
 

 
昔栄えたレイクニュータウン
碓井軽井沢インターに向かった方に有ります。
この日のサイクリングでは一眼レフを肩にしょってましたがほとんど写真を写しませんでした。自転車を漕ぐのが精一杯。
 

レイクニュータウン

 
17日の軽井沢サイクリング戻ってからどんなサドルがお尻に優しいかネットで調べ
すぐにSELL SMP FORMAを発注。
 

 
緑のマークを付けたところが痛いのです。
 
 
 
 
 
取り替えるサドルは、ママチャリについている大きなサドルでも良いのですが自転車から降りた時に恥ずかしいので 

 
GIANT propel advanced 2 最初に付いていたfi'zi:k(フィジーク)ARIONE R3(アリオネ アールスリー) k:iumをSELL(セラ)SMP(エスエムピー)FORMA(フォルマ)ホワイトに付け替えました。
どちらもカーボンでクッションは入っていませんがSMP FORMAの方がしなやかな気がします。

 
 
 
 
 

週が代わり23日の祭日に試しのりに観音山へサイクリング
 
洞窟観音の入り口で撮影
写真はすべてスマホでの撮影です。
一眼レフもしょって行ったのに写そうと思ったらシャッターが下りない
カメラを見たらバッテリー充電したままカメラに付けるの忘れてました(笑)
一眼レフもただの荷物に早変わりです。
 

 
観音山は何度も行っている場所ですが自転車で観音山に登ったのは今回初めてです。思いの他上り坂がきつかったです。
清水寺からの登って行き高崎観音山温泉 錦山荘の前を通り天下の霊場 洞窟観音・山徳記念館・徳明園に自転車を止め休憩
小学校の時の遠足コースでに少林山達磨寺経由で観音山(白衣観音)~洞窟観音へと遠足で歩いたことがあります。
 
ここの紅葉は黄色や赤が鮮やかでとても綺麗です。
 

 
山徳記念館・徳明園のモミジが見頃です。
 

 
洞窟観音入り口
 

 
洞窟観音入り口の紅葉したモミジ
 

 
洞窟観音を後にしカッパピア跡地の横を通り過ぎ観音様に向かいます。
 

 
洞窟観音を後にしてカッパピアの前を通り過ぎたもう少しで山頂のところで
自転車を漕ぐ力尽き
そのまま道路側に転倒!
自転車のペダルとシューズが固定されているのでロックを外すタイミングを逃し左側に倒れようとしたのに右側車線側に倒れ膝を擦り剥き親指を突き指しました
たいしたキズでは有りません。
怪我は時間がたてば治るので気にしません。
このロードバイクでは初めてのかるい転倒でキズは付きましたがロードバイクにダメージはなさそうです。
倒れたままでいると車にひかれてしまいますのですぐに起き上がり観音様まで登って行きました。
 
観音様のモミジが紅葉して真っ赤です。
 

 
観音様(白衣観音)への参道
木漏れ日の太陽が眩しいくらい輝いてました。
 

 
観音様(白衣観音)への参道
木漏れ日の太陽が眩しいくらいに輝いてました。
 

 
高崎、観音山・高崎白衣大観音(高さ41.8m)
 

 
観音様でしばらく休憩後
戻りました。
 

自転車を漕いでだいぶカロリーを消耗したので途中スーパーやピザ屋さんに寄り道
30cmの大きいピザとカップヌードル チリトマトヌードルと
マルちゃん 緑のたぬき 天そばでか盛を購入
ハンドルにぶら下げて戻りました。
少し遅めのお昼でしたのでぜんぷたいらげお腹も満足。
 
サドルを付け替えたので若干お尻の痛みも温和されたような気がします。
後はお尻を鍛えるのみです。
 
翌日24日(日)は、かぐらスキー場に初滑りです。
 
 
 
 
 
11月24日(日曜)
新潟のかぐらスキー場へ初滑り
朝7時には到着しみつまたのロープウェイ待ちをしていたところ
かぐらゴンドラが故障してストップ!お昼近くまで復旧に時間が掛かったのち
かぐら大斜面まで登って来ました。
 
いつもの山頂1.700M地点
 

 
真冬のような寒さです。
 

 
雪も多くトップシーズン並みのコンディション
 

 
ゴンドラ故障で上まで登って来る人が少なく
待ちきれず途中で帰った方も多かったので比較的空いていました。
 

 

 

 

 

 

 

 
今シーズン初めての雪の上でしたが半年ぶりが嘘のようになんの違和感もなく
全開で滑りました。
 

 

 
この日は滑り初めで慣れて無い方も多く
後ろから大きな声と雪を削る音を立てながら落ちて来たスノーボーダーに後ろから体当たりされ一緒に転落。
下ろしたてのスキーウエアのパンツの裾もエッジで切れてましたがしかたないです。
 

 
下の方はホワイトアウトでほとんど視界が有りません。
 

 
かぐらスキー場は場内のレストランで美味しいパスタも頂けるのでお気に入りのスキー場です。
 

 
 
これから来年の5月中旬までの半年間は雪にたわむれ雪を楽しむ季節に成りました。
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
11月3日(日曜日) 
上高地へ行って来ました。
沢渡パーキングに止めた車からロードバイクを下ろし上高地までサイクリングです。

上高地に入って行くにはいくつかのトンネルを抜けて最終の釜トンネルを通過したのですが狭く抜けきるまで上り坂でした。
暗く狭いトンネルですのでバスがすれ違うたびに肩がバスに触れそうです。
 
釜トンネルを抜けて最初の大正池に自転車を置き歩いて上高地を楽しみました。
上高地は自転車より歩いた方が楽しそうです。
 
上高地の写真をスライドショーにしてYouTubeにアップしました。
上高地の雰囲気を見て頂けたら幸いです。
 
 
 
大正池
正面左側に見えるのが焼岳北峰(2444m)中央が中尾峠、隣が焼岳小屋
 

 
大正池から見える
西穂高岳(2909m)雲が掛かってます。
 

 
大正池にいた頭の青いカルガモ
人なつこく足元にいました。
 

 
大正池から見る
左側が西穂高岳(2909m)中央が奥穂高岳(3190m)右が前穂高岳(3090m)
頂上は雲の中です。
 

 
河童橋方面に歩いて行きます。カラマツの紅葉が金屏風の如く綺麗です。
 

 

 

 

 

 

 
真ん中の白いところが岳沢です。
 

 
河童橋
大勢賑わっていました。
 

 
河童橋で少し休んでから明神橋に向かい森の中を歩きます。
 

 
明神橋
ここでランチをしました。
 

 
河童橋に戻る途中の河原から見た
ジャンダルム(2909m)奥穂高岳(3190m)岳沢
 

 
焼岳北峰(2444m)が見える位置まで戻って来ました。
 

 
逆方向から見る河童橋
 

 

 

 
今回歩いた上高地マップ
 

 
この後、自転車に乗り換え
沢渡足湯温泉で疲れを癒やし帰宅しました。
 
 
 
 
 
10月27日(日曜日)
奥日光・紅葉サイクリング
この日は寒い日で群馬県側の丸沼高原から金精峠を抜けて湯の湖へ出るまで雪が降ってましたしたの画像で確認出来ます。
いつもの場所からスタート
お気に入りの戦場ヶ原~小田代ヶ原~千手ヶ浜~中禅寺湖畔~中禅寺湖スカイライン~半月山~八丁出島~イタリア大使館別荘記念館のコースをサイクリングして来ました。
 
YouTubeにコースをアップしました。
カラマツの落ち葉で路面が滑りやすかったので今回の奥日光サイクリングはノンビリとゆっくりの走行です。
 
 
 
 
小田代ヶ原から千手ヶ浜に向かう途中の弓張り峠
 

 
小田代ヶ原で最初の休憩
小田代原の金屏風カラマツ林も黄葉のピークを過ぎたようです。
 

 
小田代ヶ原180度パノラマ写真
フラッシュでコントロール出来ますPCのみ対応
 
 
 
 
小田代ヶ原の貴婦人と金屏風
 

 
千手ヶ浜の紅葉
数人の方が浜辺で寛いでました。
 

 
千手ヶ浜の船着き場
ロードバイクの前輪は細いホイルに変更してます。
 

 
 
中禅寺湖スカイラインから半月山に登る途中から見た紅葉した男体山の裾野
 

 
半月山へ登る途中から見た足尾方面
 

 
半月山展望台から眺める男体山と八丁出島
 

 
紅葉した八丁出島の脇を通り過ぎる観光船
半月山は昨年の今頃も訪れて紅葉した八丁出島を見てます。
 

 
中禅寺湖スカイラインから下って通り道のイタリア大使館別荘記念館で休憩です。
 

 
この時期の紅葉した木々に囲まれたイタリア大使館別荘記念館も綺麗です。
 

 
イタリア大使館別荘内部
 

 
 
この奥にコーヒーを飲める場所が有ります。
 

 
イタリア大使館別荘前のヨットハーバー
 

 
今回走行した奥日光サイクリングコース地図
 

 
朝奥日光へ向かう群馬県側からの金精峠は雪で真っ白でした。
 


 

WHAT'S NEW?