本日の尾瀬は、ニッコウキスゲの開花時期でもあり。
入山者もピークです。
尾瀬東電小屋に到着です。
午前9時50分

尾瀬東電小屋と山ノ鼻で7月7日より売り始めた花豆ジェラート500円と普通のジェラート400円を食べました。

東電小屋でジェラートを食べて休んだ後、ヨッピ吊り橋経由で橋牛首に戻ります。

牛首に戻る途中の尾瀬の浮島。

ニッコウキスゲの中を歩いて進む担ぎ屋さん。
100キロ位の荷物を背負って尾瀬の小屋に一日何往復もするそうです。

牛首分岐に向かう途中のシャッターチャンスの場所です。
この後、山ノ鼻で又、花豆ジェラートを食べた後に鳩待峠へと戻ります。

山ノ鼻から鳩待峠までは来ると荷に下がって来ただけ登りが続きます。

鳩待峠に到着です。
午後1時40分
 
本日の尾瀬のハイキングコースは、
鳩待峠→山ノ鼻→尾瀬研究見本園→牛首分岐→ヨッピ吊橋→東電小屋→ヨッピ吊橋→牛首分岐→山ノ鼻→鳩待峠のコース7時間40分でした。
 
 
 
 
 
尾瀬の竜宮小屋に到着です。
午前9時

本日は竜宮小屋から見晴分岐に向かわずヨッピ吊橋経由東電小屋み向かいます。

ヨッピ吊り橋に向かう木道沿いにはたくさんの可愛い花が咲いてました。

ウラジロヨウラクがたくさん咲いてました。

ワタスゲはまだまだ見頃です。


クモマニガナ

ヨッピ吊橋に到着このヨッピ吊り橋を渡って東電小屋まで1kmの道のりです。
午前9時38分

尾瀬東電小屋が見えて来ました。
 
 
 
 
 
2011年7月10日
尾瀬、山ノ鼻に到着です。
午前7時

尾瀬山ノ鼻の至仏山荘。
ここから尾瀬研究見本園一週約1キロを散策後に牛首分岐に向かいます。

尾瀬研究見本園で最初のニッコウキスゲにご対面です。

カキツバタが木道沿いにたくさん咲いてます。

木道沿いの小さな池を眺めながら燧ヶ岳に向かって歩きます。

牛首分岐に到着です。
午前8時

牛首分岐で少し休んだ後に竜宮小屋に向かいます。

途中ニッコウキスゲが群生しておりますがまだ少し早いようです。7月中旬が見頃でしょう。

木道沿いのカキツバタは今がピークです。
 
 
 
 
 
2011年7月10日
尾瀬のニッコウキスゲも見に行きました。
朝6時に鳩待峠を出発です。
この日は比較的空いてます。

鳩待峠より尾瀬に入山します。

山ノ鼻手前の木道沿いに咲く純白のハクサンシャクナゲです。

ギンリョウソウ

咲ききったツルアジサイ

山ノ鼻まではしばらく木道を降りていきます。

山ノ鼻のキャンプ場が最初に見えました。

山ノ鼻に到着です。
 
 
 
 
 
山ノ鼻手間の木道沿いに立っていた大木が先日の大雨で倒れてしまいました。
根ごとゴッゾリ向こう岸に倒れております。

尾瀬、川上川を渡る山ノ鼻手前の橋です。
この橋を渡る手前の大木が倒れました。

 
尾瀬の牛首から東電小屋に向かう途中の尾瀬唯一の吊り橋です。ヨッビと言う尾瀬に合いそうもない語源はアイヌ語で「呼び」「別れ」「集まる」といった意味があると言われて ­います。ヨッピ吊り橋が架かっているヨッピ川は、その名にふさわしく川上川、猫又川、上ノ大堀川、下ノ大堀川、沼尻川と尾瀬を流れる多くの川が集まったもので水量の多いヨ ­ッピ川に掛けられたヨッピ吊り橋。

節電対策、見てるだけで涼しくなる壁紙をアップ致します。
モニター画面に最適な解像度1024×768にしてありますのでパソコンの壁紙に最適です。
PCモニターで節電対策して暑い夏を快適に乗り越えましょう。
見ているだけで体感温度もきっと下がるでしょう?これでエアコンの設定温度を上げて節電出来るでしょう。

 みんなで節電しよう。

せんぷうき・扇風機より寒くなる効き目が有るかも。

すべての画像にTrekkingの所有権があります。
節電対策、見てるだけで涼しくなる壁紙をアップ致します。
モニター画面に最適な解像度1024×768にしてありますのでパソコンの壁紙に最適です。
PCモニターで節電対策して暑い夏を快適に乗り越えましょう。
見ているだけで体感温度もきっと下がるでしょう?これでエアコンの設定温度を上げて節電出来るでしょう。
みんなで節電。

節電対策で見ているだけで涼しくなるかな?熱中症対策には効き目なし。 

すべての画像にTrekkingの所有権があります。

WHAT'S NEW?