尾瀬-シラネアオイ-白根葵


本州中部以北・北海道の低山帯から亜高山帯の陰地に生える。
高さ20cm位、花後で40cmになる。葉はふつう2枚茎の上部の互生してつき、径10~30cm。
花径7cm位の花を1個つける。がく片4は花弁状、花弁はない。
由来 日光の白根山に多くあり、花がタチアオイに似ていることから名づけた。


コマクサ(駒草)高山植物の女王

夏の本白根山に咲いてます。
本白根コース
白根山ロープウェイ山頂駅 →本白根山頂→本白根山遊歩道最高地点に向かうコース上に咲いてました。

たけしまらん(竹縞蘭) ユリ科、タケシマランの実です。草津、本白根コースの鏡池の先にて綺麗に咲いてました。



イタドリ(タデ科タデ属)

根が漢方として用いられ、痛みを取るから疼取。虎杖は茎に虎模様がある。若い茎はスカンポとして食べられる。


春の芳ヶ平自然遊歩道、芳ヶ平ヒュッテ・湿原に行く途中咲いてます。

ハクサンフウロ(フウロソウ科)

亜高山から高山の日当たりの良い草地に生える多年草。葉は掌状に5~7裂し、裏面に毛がある。がく片の開出毛は少ない。


 
日光白根山、登山道に咲いてました。

ハイマツ (マツ科)

高山の短い夏と厳しい環境のため、種子が成熟するまでに2年も費やす。雪の重みにも耐えられるように幹はしなやかで弾力がある。



本白根コース
草津の最高峰2,171mを誇る、高山植物の豊富な白根山に実ってます。

オオカメノキ (スイカズラ科)

落葉低木。葉の形がカメの甲羅に似ることからこの名がついた。密集する小さな花の周りを5つの装飾花が囲む。実は赤から黒く熟す。


草津、本白根コースの鏡池の先にて綺麗に咲いてました。

ナナカマド (バラ科)

落葉高木。白い小さな5弁花を多数つける。秋の赤い実と紅葉が美しい。燃えにくく、7回かまどに入れても燃え残ることからついた名。

ナナカマド、短い夏も終わり紅葉が始まったところ。
芳ヶ平フュッテに続く芳ヶ平自然遊歩道コースでの一コマ。



WHAT'S NEW?